カラオケとビジネススキルが上達する! カラオケ喫茶・カフェ 夢ステージ歌丸のふらりブログ

ふらりの雑記ブログ【ビジネススキル、カラオケ上達、健康、愛媛の観光】

【カラオケで5点アップ!】 カラオケで高得点が出るようになる裏ワザ・5つの簡単なコツ

f:id:baderhari0710:20181127202403j:plain

 

あなたはカラオケ楽しんでますか?

 

カラオケの楽しみの一つといえば点数ですね!

 

「声はいい声だけど点数があまり出ない!」

 

そんな悩みはありませんか。

 

今回はそんな悩みを解決するための5つのコツをご紹介します!

 

読み終えるころにはあなたもカラオケに行って試したくなるはずです。

 

そして点数の伸びを感じるでしょう。

 

なぜなら私もこれから紹介するコツを意識して練習することで点数が5点以上伸びました。

 

もちろんまだまだこれからです。

 

さあでは早速ご紹介していきます!

 

 

【カラオケで5点アップ!】 カラオケで高得点が出るようになる裏ワザ・5つの簡単なコツ

 

 

①音程

 

音程は画面に表示される「バー」の音程と自分の声の音程があってるかの割合で正確性が判断されます。

 

そんな正確性を判断するために1小節終わるごとに流れる「きらきら」で判断できます。(DAMの場合)

虹色・・・90%以上

金色・・・80%以上

赤色・・・70%以上

青色・・・60%

何も出ない・・・青色未満

 

曲をしっかり聴こう

 

これは当たり前のことですが案外できていません。

 

覚えたての歌を歌いたくてあいまいなままで歌ってませんか?

 

あいまいな部分が1小節でもあるとそこが歌えないだけで大きな減点対象です。

 

すべて虹色を出せとは言いませんが色は毎回だせるように歌をしっかり聴きましょう。

 

また歌っているところのバーをよく見てみると青い星みたいなのがバーの上を通っているのがわかります。

 

その星はかすかな違いですがバーを三分の一ずつに割って上・真ん中・下を通ります。

 

真ん中を通るのがいいのでそれでわずかなずれを修正していきましょう。

 

次だす音を意識する

 

これは特に小節ごとや始まりの音を特に意識してください。

 

最初の音が違うとその音につられてどんどんずれていってしまいます。

 

ですから次ぎだす音を意識して外さないようにしましょう。

 

 

 

②ビブラート

ビブラートは声を揺らすことです。

 

点数に大きく関係するのは「秒数」ではなく「上手さ」です。

 

また注意してほしいのはビブラートの秒数が一秒未満だと評価されません。

 

深めのビブラートのほうがいい

浅いビブラートだと検知されないことが結構多いです。

 

検知されないまま声を揺らしていると「安定性」の面で減点される可能性があります。

 

また後に紹介する「ロングトーン」に関係してくるので長いバーのところでは最後のほうに入れるようにしましょう。

 

③抑揚

これは「表現力」のなかで一番重要な項目です。

 

評価内容ですが0~10の11段階評価で決められています。

 

声の大・小

わたしも勘違いしていたのですが「Aメロ・Bメロは声を小さくして、サビでドン!と出す」というのは間違いです。

 

歌ってる最中右のほうに1~6の区間があると思いますがそのそれぞれの区間で声の大・小を変化させなければなりません。

 

マイクの距離

マイクの距離を調整することで抑揚で好評価を得ることができます。

 

先ほど紹介した区間ごとで一番大きな音のところで声を大きく、それ以外はマイクを離して声を小さくするようにしましょう。

 

ここで注意してほしいのはマイクを離すときです。

 

マイクをすぐに離してしまうと音を拾わなかったり、音程がずれたりするのでゆっくり離していきましょう。

 

 

 

④ロングトーン

ロングトーンもビブラート同様「上手さ」で評価されます。

 

ロングトーンはある程度以上同じ音程をのばした箇所での音程の正確さで評価されます。

 

先ほどビブラートがロングトーンに影響を与えるといったのは、ビブラートをしている間はロングトーンの評価はされません。

 

ですからロングトーンの部分ではビブラートは最後のほうかけましょうということなのです!

 

ロングトーンのある歌を歌おう

ロングトーンがない歌だと加点がないのでその分点数は低くなります。

 

高得点を狙うならロングトーンの多い曲を選ぶようにしましょう!

 

またきれいに伸ばす必要があるのであまりに高い音程のロングトーンだとばててしまうので自分のキーにあった曲を見つけましょう!

 

⑤キンキンした声

これは高周波の低音成分が多く含まれている声です。

 

そういう声は響きのあるいい声質だと判断され加点されます。

 

ただし!「機械にとって」のいい声ですので勘違いはしないでください。

 

またそんな声を作るのはなかなか難しいのでマイマイクを買うなどして点が出やすくなるようにしてください。

 

よろしければこちらも

 

www.kenkoukenkoukun.tokyo

 

 

カラオケで高得点が出るようになる裏ワザ・5つの簡単なコツ まとめ

カラオケで高得点を出すというのはとても大事なことです。

 

すぐに成果が出る方、そうでない方もいらっしゃると思いますが、一番はしっかり続けることです。

 

そして続けるためには楽しむことが大事です。

 

毎日練習せず休むことも大切です。

 

自分に合ったやり方とペースであなたもカラオケで高得点を目指しましょう!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

 

www.kenkoukenkoukun.tokyo