ふらブロ 読んで得するブログ

ふらりの雑記ブログ【カラオケ上達、健康、ビジネススキル】

【カラオケが上手くなるには】 見違えるほどうまくなる! パート1

f:id:baderhari0710:20181127202344j:plain

 

こんにちは、ふらりです!

 ・歌上手くないからカラオケ嫌い

・すぐばてるから一曲丸々歌えない

・人前で歌う自信がない

などなど

いろんな悩みがあると思います。

 

またカラオケといえば飲み会などでは定番ですね!

しかしあまり歌うのが得意ではない方にとっては地獄でしかありませんよね、、

わたしも以前はそうでした!

しかしこの後紹介することを意識して、練習に練習を重ね以前断然うまくなりました!

今ではカラオケに行くのが楽しみで仕方ありません!

 

あなたもこの後紹介することをしっかり意識してカラオケに行くことで確実に上達します!

 

 

 

 

 

 

 歌が見違えるほどうまくなる

 

 

①わかっていてもできていない! 呼吸をしっかり!

 

 

これは耳がつぶれるほど聞いてきたと思います、、笑

まあ理想は腹式呼吸ですよね!

仰向けで寝ている状態で呼吸すると腹式呼吸になるとよく聞きますが正直立っているとよくわかりません、、笑

 

私が今回言いたいのはそれ以前の問題です!

あなたは歌うとき息継ぎしていますか?ということです。

これは高音でも低音でも同じです。

 

意識していないと意外としていないものです!

歌の序盤やあまりしんどくないところではあまり気づかないかもしれません。

しかし高音が続くところやロングトーンになると息継ぎをしっかりしているのとしていないのではすごい差が出てきます!

 

 

よく歌手でも「はぁっ!」と息継ぎが聞こえてくる人もいますよね。

あそこまでやれとは言いませんがそれほどしっかり息継ぎはするべきということです。

息が足りないとのど声になってしまったりすぐ声が枯れたりします。

ですので今一度曲の要所要所で意識して息継ぎしてみてください!

 

 

②次に出す音を意識する!

 

 

これは簡単に言うと次の歌詞を頭の中に思い浮かべるということです。

そしてその歌詞の音程を意識して声を出してみてください。

 

たとえば!

徳永英明さんの「レイニーブルー」で説明すると。

 

Bメロ あなたの帰り道 交差点 ふと足を止める

サビ  レイニーブルー もう終わったはずなのに

 

 

Bメロの「ふと足を止める」がおわった時点でサビの「レイニーブルー」の「レ」の音程を頭の中でイメージしてください。

そしてそのイメージ通りに声を出すようにすることできれいに音が出ます!

 

 

 

 

③音を上からあてる!

 

 

音を上からあてる?どういうこと?と思ったでしょう、、笑

イメージですよイメージ!

 

たとえば採点のバーがありますよね!

ーーーーー    ←こんなやつ!

②で説明したように音をあてにいくイメージをします。

その際に下からではなくバーの上からあてにいきましょう。

 

 

特に高音域では下からあてにいってしまうと出なかったり詰まったような声になってしまいます。

 

EXILEのATUSHIさんやTAKAHIROさんなどはどちらかといえば下からあてにいってるようなイメージですがあの人たちはプロですし基礎などをしっかりされていきついた自分なりの歌い方です。

真似して歌えるのならいいですが正直聴いてられない人もいます、、

 

 

ですのでまずは上からあてにいくようなイメージでしっかり音を出せるようにしましょう!

歌手でいうとポルノグラフィティさんがもうパッパッと声を出して上からあてにいってますね!

あとはAAAの西嶋さんとかもですね。

何度か聴いてみるとイメージしやすくなります!

 

 

 

 

④奥歯を磨くときの感じで声を出す!

 

 

 

これはただ単に口を大きく開けるという意味ではありません。

 

似たような表現で聞くのがあくびをした時の感じで声を出すといったやつですね!

ただ私は「奥歯を磨くときの口」のほうが実際やってみてイメージしやすかったです!

 

 

 

奥歯を磨くとき口の奥から大きく開けますよね?

 まさにその時の口です!

ここで注意してほしいのはただ大きく口をあけるのでは意味がないということです。

口の中で音を響かせないといけません。

 

 

あなたの周りに声が大きいのにまったく声が響いてない人いませんか?

それはカラオケにとっては最悪です。

無駄な体力を使い、すぐのどが疲れます。

正直聴きごこちもよくないです。

 

 

反対に口はあんまり開いていない、でもしっかり響く声の人もいます。

その人は口の開け方がとてもうまく音がきれいに響いているのです。

歌手でいうと「EXILEのATSUSHIさん」なんかは口をあまり大きく開けていないときでもきれいに音が響いています。

口の開け方が上手な証拠です。

 

 

まとめ

カラオケがなかなか上達しない!という方は今回ご紹介した方法をぜひ試してみてください。

それで自分で試行錯誤してください!

日によって声の調子は違ったりします。

色々な歌い方やテクニックを知っていることでその時に合わせた歌い下端もできるようになります!

わたしもどんどん歌って上達していきます!

 

 

読んでいただきありがとうございました!