カラオケとビジネススキルが上達する! カラオケ喫茶・カフェ 夢ステージ歌丸のふらりブログ

ふらりの雑記ブログ【ビジネススキル、カラオケ上達、健康、愛媛の観光】

【脱サラして飲食店を始めた際の注意点5つ】 飲食店を始めたい方必見!

f:id:baderhari0710:20200625162407j:plain

今回は脱サラして飲食店を始めた際の注意点5つご紹介します!

 

飲食店と言えば初心者が始めやすく、新しくできる店も多いです。

 

しかしその分つぶれてしまうお店も多いです。

 

なので今回は僕が友人と店を始めてみて、実際に感じた注意点を5つご紹介します。

 

僕たちも開業して間もないお店ですが少しでも参考になればと思います。

 

ではご紹介します!

 

 

 

【脱サラして飲食店を始めた際の注意点5つ】 飲食店を始めたい方必見!

 

 

脱サラして飲食店を始めた際の注意点 ①サボるもやるも自分次第

 

当たり前のことですがサボるもやるも自分次第です。

 

サボっても仕事をしても自分にすべて返ってきます。

 

僕はサラリーマン時代は営業の仕事をしていました。

 

営業成績は可もなく不可もなく、やるべきことはやるといった感じでした。

 

サボる暇もないくらいの仕事量だったのでサボることはしていませんでしたが、プラスαで何かをすることはなかったです。

 

サラリーマンは営業でもある程度の基本給はあるので、最低限のお金はもらえます。

 

しかし自営業となるとそうはいきません。

 

何もしなければ自分の給料はないのはもちろん、お店を続けていくことすらできません。

 

もし楽して稼ぎたいとか考えているならやめたほうがいいです。

 

いま稼いで楽しそうな生活している人も過去にもしくは現在も、なにかしらの努力はしています。

 

表には出していない努力があります。

 

ただ、自営業はやればやるほど自分に返ってくるということです。

 

サラリーマンは歩合と言ってもほとんどは会社が利益を持っていきます。

 

自分に入ってくるお金は少しでしょう。

 

まあ当たり前っちゃ当たり前ですが。

 

でも自営業だとそれが自分の(お店)直接の利益になります。

 

お金の流れを直接感じれるのでその点は勉強にもなります。

 

このようにサボるもやるも自分次第です。

 

ただ、休息を取ることは必ず必要ですので、その点もきをつけましょう。

 

脱サラして飲食店を始めた際の注意点 ②成長が止まる可能性

f:id:baderhari0710:20200116224519j:plain

 

 「自営業はサラリーマンより成長できそうじゃん」と思うかもしれませんが、注意しないと成長は止まってしまいます。

 

サラリーマンは会社で長年勤めていくと、嫌でもたくさんの仕事をこなしていきます。

 

日常で使えるもの・使えないものがあると思いますが間違いなく「成長」できます。

 

では自営業はどうなのか。

 

たしかに自分でいろいろな作業をするので初めのほうは成長できるでしょう。

 

しかし自営業は自分のスキルを商売道具にする仕事です。

 

ありがたいことにお店が繁盛してとても忙しくなったとしたら。

 

そうなると「現在のスキル」を商売道具にし続けていかないといけません。

 

お店は繁盛しても自分が「成長するための時間」が無くなってしまいます。

 

だから「成長」するための時間確保が必要です。

 

人を雇うのか営業時間を短くするのかやり方は様々ですが、現在の自分のままで長年続けていくのは危険です。

 

とはいえまずはお店を繁盛させることが前提です。

 

繁盛させた後にこれくらいでいいやと思わず、自分を成長させていきましょうということですね!

 

脱サラして飲食店を始めた際の注意点 ③仕事量の増加

 

 

実際に仕事量はサラリーマン時代より増えます。

 

まだ僕の場合は共同でやっていますのである程度分担はできます。

 

でも中には一人でお店をしている人もいます。

 

いまは飲食チェーン店の店長の仕事が激務と言われています。

 

しかし自営業の店主もすごく激務だと思います。

 

お金の管理・仕入・仕込み・掃除・宣伝・商品開発、なんでも自分でやらないといけません。

 

もちろんバイトを雇うこともできますが、そうなると人件費の計算・シフト管理などもしなくてはいけません。

 

かといって全部一人でやるのは大変です。

 

なのでバイト等を雇って自分の仕事を任せてうまく、仕事量を減らすことがたいせつです。

 

脱サラして飲食店を始めた際の注意点 ④精神の安定

 

f:id:baderhari0710:20191022203419j:plain

 

自営業というのは収入が安定しない職業です。

 

それゆえに精神状態もしっかりと保たないといけません。

・このやり方であっているのか

・赤字になったらどうしよう

・このまま続けていていいのか

 

様々な心配事がふえてきます。

 

そんな中で精神状態が崩れることはやってはいけないことです。

 

精神状態が崩れるとなにも手につかなくなり、どんどんマイナスのほうへ進んで行ってしまいます。

 

負のスパイラルです。

 

もしなにか心配事があるなら必ず誰かに相談しましょう。

 

明確な解決策がみつからなくても話を聞いてもらうだけでもだいぶ心が楽になります。

 

人に相談するのは恥ずかしいという方がたまにいますが、一人で抱え込まず必ず誰かに相談しましょう!

 

脱サラして飲食店を始めた際の注意点 ⑤プライベートとの区別

 

最後に気を付けたいのがプライベートとの区別です。

 

自営業をしているとそれ以外のことをしている時間がもったいないと思ってしまうようなけいこうにあります。

 

もちろん仕事一筋の人や、プライベートとの区別はいらないという方もいらっしゃいます。

 

でも中にはそうでない人もいます。

 

家族がいたり、休みの日はプライベートで思いっきり遊びたいという方もいるでしょう。

 

そんな人は休みの日は仕事のことは忘れていいと思います。

 

仕事に関係のないことをしていると罪悪感があると思ってしまう方もいますが、そんなことはありません。

 

リフレッシュもできますし、そうすればクリーンな状態でまた仕事に取り組むことができます。

 

家族サービス・スポーツ・ゲーム・ネットサーフィン等やりたいことをやりましょう!

 

もし思いっきり楽しむことができないという方は、なにか思いっきりやれば仕事につながるかもと思うようにしてください笑

 

【脱サラして飲食店を始めた際の注意点5つ】 飲食店を始めたい方必見! まとめ

 

 

今回は脱サラして飲食店を始めた際の注意点をご紹介させていただきました。

 

脱サラして飲食店開業って言葉だけ見るとすごく見えるかもしれません。

 

でも開業するだけなら正直だれでもできます。

 

開業してからが本当のスタートです。

 

やることはたくさんありますし、自分たちで考えお店を存続させていかないといけません。

 

正直簡単なことではないです。

 

でも! 今がすごく楽しいのは事実です。

 

もちろん将来の不安等もたくさんありますが、楽しさもたくさんあります。

 

脱サラはいいものだぞとは言いませんが、僕はいまとてもたのしいということはいっておきます!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

 

www.kenkoukenkoukun.tokyo