すきま時間にサクッと読める! 🐕脱サラしたい人の味方 ふらりブログ🐕

ふらりの雑記ブログ【自己啓発、カラオケ上達、健康、愛媛の観光】

【飽き性で仕事が続かない?】 飽き性は直さなくていい!

 

f:id:baderhari0710:20190913151540j:plain

 

飽き性で仕事やものごとが続かない!

 

そんな悩みのあるかたへ

 

 本当に飽き性は悪いことなのか?

本当に飽き性はデメリットだけなのか?

 

飽き性のメリット・デメリットをご紹介します!

 

 

ぼく自身もむかしは飽き性なことにすごく悩みをもっていました。

 

しかしいろんな本を読んだり、経験を積んでいき

 

飽き性もデメリットだけではないとわかりました!

 

いま飽き性で悩んでいる方はこの記事をみて

 

飽き性を長所として活かしてほしいと思います。

飽き性の成功学 仕事はコツコツやるな! /WAVE出版/鹿島泰孝

 

ではご紹介します!

 

この記事はこんな方におすすめ

・飽き性な自分が嫌だ

・物事が長く続かない

・飽きっぽいとよく言われる

 

 

 

 

【飽き性で仕事が続かない?】 飽き性は直さなくていい!

 

 

 

飽き性のデメリット①物事が中途半端になる

 

飽き性と聞けばやはりデメリットのイメージが強いですね。

 

物事が長く続かない。

 

だからなんでも中途半端になってしまう。

 

「もし、あのままずっと続けていれば、、、」

 

なんて思うことが多々ありませんか?

 

僕も結構ありました。

 

高校の部活も途中でやめ、新卒入社の会社も三か月でやめ

 

飽き性の鑑ですね笑

 

そのせいで根性がないなとか、継続力がないなとか

 

たくさん言われてきました。

 

たしかにその通りです。

 

だからずっと続けている人にはなかなか勝てない

 

なんてこともよくあります。

 

なんでも継続力のある人は本当にすごいと思います。

 

ブログでもスポーツでも結果を出している人は継続してできている人が多いでしょう。

 

そういった面では飽き性なのはデメリットですね。

 

飽き性のメリット①成長スピードが速い

 

では飽き性のメリットとはなんなのか。

 

飽き性を言い返せば好奇心旺盛といえます。

 

好奇心旺盛なのはいいことですよね!

 

色々なことに挑戦できるので経験をたくさん積むことができます。

 

堀江貴文さんも「飽きっぽい人ほど成長する」と言っています。

 

 みなさんは飽きっぽいけどなにかにハマった経験はないですか?

 

すごい勢いではまるとなんでも8割くらいはできるようになります。

 

でも100点を目指そうとすると80点取るまでの倍以上の時間がかかってしまいます。

 

だったら違うジャンルでまた80点を目指すほうがいいと僕は思います。

 

もちろん好きなことにとことんハマるのはとても素晴らしいことです。

 

実際に飽きっぽい僕もカラオケは10年近く飽きることなく練習しています。

 

80点取れればそのことの大半の知識は手に入れることができます。

飽き性の成功学 仕事はコツコツやるな! /WAVE出版/鹿島泰孝

 

 

成長が早い人はけっこう飽きっぽい人が多いです。

 

ただここで重要なのはハマるときはとことんハマるということです。

 

80点取るまでという意味でもありますが、スピードも大事です。

 

ハマっては次のこと、ハマっては次のことと80点を素早くとっていく。

 

このことが大事です。

 

そして飽きるということは余裕ができたということにもなります。

 

余裕ができたらほかのことに目移りしてしまうものです。

 

余裕ができるというのは決して悪いことではないですよね!

 

以上のことから僕は飽き性にもメリットはあるとおもいます!

 

 

飽き性は悪いことではない! まとめ

f:id:baderhari0710:20191022203307j:plain

 

 

飽き性なのは確かにデメリットがあります。

 

でも大きなメリットもあります。

 

なんでもかんでもすぐやめてしまうのは

 

あまり良くはないですが

 

とことんハマって慣れたら次のことへ。

 

このサイクルはとてもいいことです。

 

飽き性な人は短所と考えずに長所と思いましょう。

 

そしてどんどんいろんなことにハマって

 

いろんな知識を手に入れましょう!

 

無駄なことなんてひとつもありません!

 

飽き性最高!

 

読んでいただきありがとうございます!

 

 

 

 

 

www.kenkoukenkoukun.tokyo