すきま時間にサクッと読める! 🐕脱サラしたい人の味方 ふらりブログ🐕

ふらりの雑記ブログ【自己啓発、カラオケ上達、健康、愛媛の観光】

【登録販売者試験に合格するためには】コツや勉強期間

こんにちは、ふらりです!

 

 

今回は最近人気の出てきた「登録販売者」の試験に私が合格した時の勉強方法などをご紹介します!

 

 

 

①登録販売者とはなにか

 

 

 

簡単に言うと登録販売者とは一般用医薬品の販売を行うための専門的な資格(国家資格)です。

 

ただ薬剤師とは違い第一類医薬品は扱うことができません。

しかし薬局やドラッグストアで販売される医薬品の大半は第二・第三医薬品です。

ですから登録販売者の資格はとても注目されています。

 

 

気になる受験資格ですが特にありません

難易度も国家資格というほど難しくはありません!

 

 

 

ちなみに合格基準点は

・全体の7割以上の得点を取る

・各試験項目ごとの出題数に対して3.5割以上の正答

 

この二つを満たさないといけません。

試験項目は1章~5章までありますのでそれぞれの章で3.5割以上とらないと全体で7割とっていても不合格となります。

 

 

②勉強期間はどのくらいか

 

 

わたしの勉強期間は約6か月ですね!

ただ毎日〇時間やったりとかではなくゆっくりぼとぼちとやりました。

やらない日もあったりやる日も30分から長くて2時間くらいといったところですね!

 

 

 

試験の1か月前には少し多めにやりました!

平日は仕事から帰るのが平均して夜の9時ごろだったのでそこからいろいろ用事を済まして勉強するという感じでした。それでも30分以上はやりました。

土日は休みだったので1日2時間程度は勉強しました!

 

 

わたしはゆったりと勉強したい派なのでこのような感じでしたね。

私の周りには1か月まえからみっちり勉強して合格した方もいらっしゃいます。

自分にあった期間を設けてやりましょう!

 

 

③勉強方法

 

 

試験の4~6か月前はとにかく参考書を読みまくりました。

分厚いテキストではなく要点をまとめたものをひたすら読み返しました。

特に1章・4章・5章が完全に暗記ものなのでまずはそこを意識して読んでいました。

 

 

3か月前くらいになって問題集を解いてみました!

正直結構間違えます、、笑

なんかみたことあるなーといった感じです。

間違えた問題を参考書と照らし合わせて再度確認しましょう!

試験の2~3か月前は問題解いたり参考書読んだりの繰り返しでしたね。

 

 

 

また厄介なのが2章・3章です。

量も多く成分の分野になるので覚えるのが大変です。

漢方なんか説明文が長いうえに似たような説明が多いので見分けるのが大変です。

(私が受けた回は漢方はあんまりでなかったのでラッキーでした)

 

 

個人的に問題文と答え・間違っている個所の訂正が近い参考書がおすすめです。

時間があれば自分で作るのもいいかもしれません。

 

「例」 消化管は全体で12メートルある  答えは×

           正:9メートル

 

 

 

こういうのを見るだけでもかなり勉強になります。

それに見るだけなのでかなり時間短縮になりますので限られた時間で多くの問題を解けます。

正直私はテレビ見ながらこういうのをみて勉強していました、、笑

 

 

残りの1~2か月は本番になれるために問題を多めに解くようにしました。

本番の試験は4~5択なのでその形式になれるようにしましょう!

 

よく本番を想定して時間を測ってという方法を見ますがいっさいやっていません。

      

 

④まとめ

 

 

登録販売者は立派な国家資格です。

正社員でもパートでも薬局・ドラッグストアなどで働く際にはぜひとも取得しておきたい資格です。

 

また現在は試験問題もそこまで難しくありません。

今後人気が出てきて難しくなる可能性もあります。

ですから早めの取得をおすすめします!

 

読んでいただきありがとうございます!