すきま時間にサクッと読める! 🐕脱サラしたい人の味方 ふらりブログ🐕

ふらりの雑記ブログ【自己啓発、カラオケ上達、健康、愛媛の観光】

【会社で嫌われない方法】味方を増やそう

 

 

今回は会社で嫌われない・ 味方を増やすための方法を2点述べていきます。

 

 

 

 

①「相手の名前」を意識して呼ぶ
 

 

嫌われないためには、「敵ではない」、「認めてくれている」 と相手に思ってもらうことが重要です!

それもわざとらしくなく自然にしていくことが大切です。

 

ここで一つ理解しておいてほしいのは

 

 

誰でも「特別に思われている」 と思うといい気持になるということです。

 

 

あなたもそんな経験はないですか?

私はあります!笑

 

会話の中で相手の名前を呼ぶということは、「 自分に関心があるのかな」と思ってくれやすいです。

「この案についてどう思う?」

「君はしっかりしてるね」

 

「この案について○○さんはどう思う?」

「○○さんはしっかりしてるね」

 

 

どうですか!

どちらの場合でも名前を呼ばれた場合の方が気持ちよくないですか 。

 

これはビジネスでお客さん相手にも使えると思います。

 

私もよくやっていました!

また、尊敬の意を持って「下の名前」 で呼ばれることでより一層いい気持になるみたいです!

しかし一歩間違えるといやと感じる人もいるので下の名前で呼ぶときは注意しましょう!

 

 

そして、あいさつをする際に 名前+ひと言でよりいっそう親近感がわきます!

 

「○○さんおはようございます。 今日も一日よろしくお願いします。」

「○○さんお疲れ様でした。来週もよろしくお願いします。」

 

 

おまけ

「名前」に関するものとして「名刺」があります。

いただいた名刺は相手の分身だと思って丁寧に扱いましょう。

 

またデザインがユニークだったりと特徴があれば感じのいい一言を いえるとよりいいですね!

また、 相手と話している間は名刺入れの上にきちんとおきましょう!

 

 

 

②反対の意見でも一度は受け入れる

 

 

相手の意見を素直にきけることは、この上ない長所になります。

 

「人の意見を受け入れることができる人」は、味方を増やす! ということですね。

 

 

例えば、あなたが上司から仕事を頼まれたとします。

正直忙しいとき引き受けるにしても嫌な感じが態度に出てしまうこ ともあるかもしれません。

 

しかし!

どうせ引き受けるなら素直に気持ちよく引き受けた方がよくないで すか?

文句を言いながらするのは相手にとっても自分にとってもマイナス でしかありません。

 

 

そして、引き受けたことはできるだけすぐにやりましょう。

ただしここで注意してほしいのは本当にできないことは簡単に引き 受けてはだめということです。

本当にできないことに対してはしっかり断る勇気を持ちましょう!

 

 

「でも」や「いいえ」はつかわないこと!

 

自分が考えた案や意見にたいして反対の意見を言われたらあなたは どうですか。

「でも、私は、、、」「いいえ、私は、、、」 と反論したくなりませんか。

その気持ちはすごくよくわかります!

 

それでもまず、 相手の意見を受け入れるということをしてみてください。

 

 

相手も好きであなたに意見しているわけではありません。

あなたに意見する勇気や時間を費やしているわけです。

ですのでまず受け入れてみるということをしてみてください。

 

 

そのうえでよく考えてその意見を取り入れるかそうでないかをしっ かり相手に説明すればいいだけのことです!