ふらブロ 読んで得するブログ

ふらりの雑記ブログ【カラオケ上達、健康、ビジネススキル】

【ビジネスでも使えるクッション言葉】気くばり力

前回に引き続き今回も「気くばり力」についてです!

その気くばりの中でも今回は

 

「クッション言葉」です!

なんとなく聞いたことあるけどあんまりは、、という方、またしっかり使っている方もおられるとおもいますがクッション言葉をつかうことで

「丁寧、思いやりのある」人だという印象を与えることができます。

 

クッション言葉を使うか使わないかでは与える印象が全く変わってきます!

 

 

例えば、、

「もう少々お待ちいただけますでしょうか」

お急ぎのところ申し訳ありませんが、もう少々お待ちいただけますでしょうか」

 

と後者の方が丁寧な印象を受けますね!

 

頼まれた方もどちらの方が気持ちよく仕事ができるかといわれれば後者だと思います。

また、優先順位を早めにしておわらせてくれるかもしれません。

 

 

このように気くばり少し気くばりするだけで自分にもメリットととして返ってくるわけです。

 

 

ただし、変に使いすぎてしまうとわざとらしくなってしまうので気をつけましょう笑

 

 

ここで少し例文を交えてクッション言葉をみていきます!

 

お手数ですが

→お手数ですが、ご記入いただけますか

 

 

お忙しいところ恐縮ですが

→お忙しいところ恐縮ですが、お願いできますか

 

 

申し訳ありませんが

→申し訳ありません、お伝えいただけますか

 

 

よろしければ

→よろしければ、ご一緒しませんか

 

 

失礼ですが

→失礼ですが、お名前お伺いできますか

 

恐れいりますが

→恐れいりますが、ご連絡いただけますか

 

 

お差し支えなければ

→お差し支えなければ、連絡先をお教えいただけますか

 

 

などですね!

 

お気付きの方もいるかもしれませんが

「お手数ですが」や「お急ぎのところ申し訳ありませんが」などといった何かをお願いするときに使うクッション言葉は比較的つかいやすいです。

 

 

しかしクッション言葉のあとにネガティブな内容が続くときもありますよね。

 

⑴断るとき

・あいにくですが

・申し訳ありませんが

・残念ですが

・せっかくですが

・ご期待に添えず

 

 

⑵反論するとき

・おっしゃることはよくわかりますが

・ごもっともとは存じますが

・お考え、大変勉強になりました。ですが、

 

 

なかなか断ったり反論したりするのはきがひけます。

ましてやそれが目上の人ならなおさらです。

しかし、どうしても断ったり反論したりしないといけない場面はあります。

そのようなときにこうしたクッション言葉はとても有効です。

 

 

特に

「勉強になりました」

「勉強させていただきました」

というワードはとても万能です。

 

前提として、相手を尊重し、敬意を払ってるということがあります。

だからもし、相手と真逆の意見をいう場合でも

角がたちにくいと思います。

 

もちろん反論したいときだけでなく、賛成するときでも使える便利なことばです!

 

 

まとめ

以上のようにクッション言葉はビジネスの世界でどのような場面でも重要な役割をはたします。

 

これを使いこなすだけであなたに対する印象はいまよりさらに良くなると思います!

 

最初慣れるまでは友人に練習としてつかってみるのもいいかもしれません笑

 

しっかり使いこなして相手にいい印象を与えましょう😊