ふらブロ 読んで得するブログ

ふらりの雑記ブログ【カラオケ上達、健康、ビジネススキル】

【膝腰の痛みの原因は軟骨のすり減り】 超おすすめ成分で痛み改善

 

あなたは膝や腰に痛みはありませんか?

 

若いから大丈夫と思っている方も多いと思います。

膝・腰が痛い原因には「軟骨のすり減り」があります。

そんな軟骨はおよそ20歳を境にすり減っていく一方なのです。

 

 

あなたの周りにも足が痛い・腰が痛いと言っている高齢者の方はいませんか。

働き盛りのころ仕事で無理をしたり、運動したりしてどんどん軟骨がすり減っていき、将来的に膝・腰に痛みを感じるようになります。

そうならないために痛みを感じないうちから予防をしていくことが大切です。

 

 

今回は膝・腰の軟骨のすり減りを予防したい・現在痛みを感じているので少しでも良くしたい、これ以上ひどくなってほしくない。

そういった方にぜひ摂取してほしい成分をご紹介します!

 

 

 

 

 

 

 

  

 

・グルコサミン

 

これはよく耳にすることもおおいのでしょうか!

 

 

→アミノ酸と糖が結びついてできたアミノ糖

→軟骨の主成分であるプロテオグリカンを作り出す原

→軟骨そのものを強化し、すり減っていく軟骨を修復
したり再生を促したりする働きがある。

→変形関節症のように軟骨が極端にすり減って起こる
関節痛の緩和や炎症の抑制。

 

 

 

簡単にまとめるとこんな感じですね。

軟骨がすり減って膝が痛い方。変形関節症や坐骨神経痛に悩まされている方。そういった方には是非とも摂取していただきたいですね!
またまだ膝や腰に痛みのない方でも年齢を重ねるごとに軟骨はどんどんすり減ってしまいます。

 

今後もいつまでも体のスムーズな動きを保つためには積極的にグルコサミンを補うことが有効だとされています。

 

ちなみに1日の摂取量の目安は、、
平均的に1500mgですね!
体重90kg以上の人は2000mg 
体重54kg以下の人は1000mg程度が目安となります。

 

 

一応エビ・カニ・山芋・フカヒレ・オクラなどの食材からでも取れないことはないですがその全てが吸収されるわけではないので目安量取ろうとするとカロリーオーバーで大変なことになりますね!

 

なのでサプリメントでの摂取がオススメです。
病院の先生に聞くと意味がないと言われたという方もたまにはいらっしゃいますが病院の先生の仕事は痛みをとってあげるということが主です。
なのでヒアルロン酸注射などを打つことが多いのです。
グルコサミンなどの成分を取ることは体の内側からしっかり治して注射などを打たずとも元気で過ごしていける体を作っていきましょう!ということなのです。

 

 

今痛みがある方は今後痛みが無くなったら、、痛みがない方でも痛みが出て今後歩けなくなったら、、
☆自分の未来の姿を想像しましょう☆
そうすることで今すべきことが見えてきます!
話が少し逸れましたが
今後も元気に生きていくために是非とも是非とも摂取したい成分ですね!



 

  

 

・コンドロイチン

 

→細胞同士をつなぐムコ多糖類のひとつ

 

→グルコサミンと同じで皮膚や靱帯、眼球、角膜
そして軟骨に含まれる成分

→軟膏の主成分であるプロテオグリカンを構成する
重要な成分

→軟骨の水分を維持し、弾力性を与える。
血管のない軟骨に水分とともに栄養を運び老廃物
を排出する

→軟骨の破壊を抑えるほか、関節痛を予防・緩和した
り、カルシウムの代謝をサポートして骨の成長を支
えたりする

 

 

こんな感じですね!
グルコサミンが軟骨の修復と再生に対してコンドロイチンは破壊の抑制、、
そう!

ゲームでいうと防御力を高めながら回復を行う最強のコンビということです!
なのでグルコサミン・コンドロイチン一緒にとってもらうとなおいいのです。

 

 

ちなみにコンドロイチンの摂取の目安は
体重54kg以下 800mg
55〜90kg 1200mg
90kg以上 1500mg
ですね!

 

ちなみに目にもコンドロイチンがあるのでドライアイの方も定期的にコンドロイチンを摂取することをオススメします!

 

 

・プロテオグリカン


 

 

①軟骨生成

 

コンドロイチン、グルコサミンは主に修復と破壊の抑制を述べました。
プロテオグリカンは軟骨を作ってくれる成分なのです!

 

 

軟骨ができるとクッションができて痛みが軽減されます。
また軟骨には神経が通ってないのですり減っていってることになかなか気づけません。

 

 

②抗炎症作用

 

 

肌のシワやたるみ、シミ予防にもなります。
また炎症を引き起こす免疫細胞の働き、老化を促す活性酸素の発生も未然に防ぐことができます。

 

 

そして、活性酸素を抑制することで生活習慣病の予防にもなります。脳や内臓、血管の老化、肥満や糖尿病など代謝異常のリスクを予防します。

 

 

アレルギー性疾患や臓器移植時の拒絶反応の抑制などにも役立ちます。


③保水性

 

 

プロテオグリカンは保水性が高くなんと!ヒアルロン酸の1.3倍の保水性があります。
また、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促す働きもあります。

 

 

④EGF様作用

 

EGFとは上皮細胞増殖成長因子のことです。
細胞の再生や増殖助ける因子ですが加齢とともに減少してしまいます。

 

そうすると細胞の再生機能が低下しターンオーバー(新陳代謝)を遅らせてしまい肌の老化の原因となります。
それを防いでくれるのがプロテオグリカンです!

 

 

シミの元になるメラニンの生成を抑えたり色素沈着の予防や改善になります。

 

 

⑤体内環境の健康維持

 

 

腸内環境を善玉優位に変える働きがあります。
腸内の免疫細胞の働きを正常化し身体が不調に傾かないようにします。

 

たばこ、アルコール、ストレスなどによる刺激が原因の炎症を抑える。
大腸炎、関節炎、アレルギー疾患の症状が軽減する。

 

 

 

以上のようにプロテオグリカンはとても優れた成分だということがわかったのではないでしょうか🤔

 

気になるお値段ですがサプリメントでだいたい1ヶ月3000〜6000円くらいが相場です。
昔は1グラム3000万円してたらしいですが😵😵😵

 

牛の気管支からわずかしかとれず高かったらしいですが今はサケの鼻軟骨からとれるようになりやっと市販化できるようになったみたいです!

 

美容や足腰の痛みなど幅広い年齢の方にとってもらいたい成分ですね!

 

 

 

膝・腰に痛みを抱えたまま無理をしてしまうと最悪の場合寝たきりの生活になってしまいます。

痛くなってから治すというのも一つの方法ですが一番は痛くなる前に予防することです。

しっかり予防しましょう!